■返信率を上げるコツ

出会い系にせっかく会員登録したのに全く返事が来ないという悩みを抱えている男性は非常に多いです。

出会いを主として出会い系サイトに登録したはずなのに、なぜこんなに男性の情熱と女性の熱意の間に差が開いてしまうのでしょうか。

実は女性は出会い系サイトの中では男性に返事をしたくてもできないという状況に置かれているのです。

それを知らずにメッセージをひたすらに送り続けてもほとんどが返信してもらえずイライラが募る一方です。

当サイトでは、女性が男性に返信できない細かい理由と、なるべく返信されやすいコツを解説していきたいと思います。

例えば、私の知人女性の話ですが、有名出会い系サイトにプロフィールを掲載したら、その日のうちに数十通もメールが来たそうです。

さすがに多すぎるメッセージが届いたのでプロフィールを変更したそうですが、それでも20通以上届いたそうです。

出会い系サイトでは女性は貴重な存在として男性からお誘いがたくさんきます。

もしあなたが女性だったとして、毎日50通以上も送られてくるメールに返信できるでしょうか。

一つのメールを数分で終わらせたとしても1時間以上かかる計算になります。なんの罰ゲームかと思ってしまうような作業を初対面の人に対してやるでしょうか。

私が女性だったらそんな無駄な労力を使わずに、自分のタイプの人をみつけて自分の情熱をアピールすると思います。

以上のことから、女性がなぜ男性に返信できないかと言うことがおわかりいただけたかと思います。

男性から送られてくるメールの量が多すぎて返信する作業が追いついていないと言うことです。

女性からの返信率を上げるためにはまず女性の目にとまる必要があります。

■ファーストメールの書き方

出会い系における女性側の事情がわかれば、適当なメールを送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう内容を書けば女性からの返信率が上がるのでしょうか。

●自己紹介する

ありきたりですが、まずは自己紹介をしないと相手にしてもらえる可能性が低くなります。

相手に好印象を抱いてもらうコツとしては自分の名前を本名で伝えると言うことでしょうか。

相手に本名を伝えることにより、相手に信用感を持ってもらえますし、同時に好感度ももってもらうこともできます。

さらに、名前を知ってもらうことにより、呼び捨てで呼び合ったりすることにより、よりいっそう仲良くなりやすくなるツールとして機能してくれます。

なので、先に自分の名前を伝えておくことにより、自分のことは○○ってよんでねっていうかんじで、話題にもできます。

●なぜその人にメールをしたのか

初心者の人はよくファーストメールで、プロフィールがタイプでした!みたいな簡単なメールを送ってしまいがちですが、これはだめな例です。

プロフィールのどこの部分が気になったのかを具体的に書くことによって、他の人よりも優位に立つことができますし、相手の印象にも残って返信してもらいやすくなります。

まずは相手のプロフィールや自己紹介覧をみて、何が気になったといえば、相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

趣味や職業などが鉄板ネタですが、逆に言えば、他のライバルもその話題をネタにする可能性が高くなります。

なのでここでは拾える限り自由な発想で相手のプロフィールをみて、いろいろな話題を考えましょう。

もしプロフィールなどから、相手の心に響くようなネタを拾うことができなかったら、画像などからもひらめきを得ることができます。

肌がきめ細かいだとか、ファッションセンスが洗練されているとか、そういった普段いえないようなことをいってあげれば喜んでもらえますし、相手の印象にも残りやすくなります。

もしも自己紹介やプロフィール項目などから、ファーストメールのネタが拾えなかったら、私がよく使っているテクニックとして、びびっときました!なんてのもありです。

●最後の一行が返信率を上げる

皆さん適当に書いてしまっているのが最初のメールの最後の一行です。

よかったらメールしましょうとか、メール待ってますとか、一般常識的な言葉としては普通ですが、出会い系サイトの使い方としてはあまりよくありません。

なぜなら、こう言った適当な言い方で最後の一行を締めるというのは、女性の返信を促すような文章になっていません。

女性側からしたら、メールはとくに目にとまるものもないし、でもなんか適当な文章だし、とくに自分の時間を割いてまで返信しようという気にはなりません。

また人間というのはあまり他人に興味がなく、自分がどれだけ褒めてもらえるかに意識が集中しています。

つまり、丁寧なこりにこった文章を送ることにより、相手に、自分の熱意が伝わって返信してもらいやすくなると言うことです。

こういう風に相手の心に響くような心理テクニックを使うことにより、ファーストメールを返信してもらいやすくなります。

●ファーストメールは短めに

出会い系サイトのテクニックとしてファーストメールはなるべく長めの文章で相手のことを褒めるみたいなことが書いてありますが、それは間違ったテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信してくれる女性よりも、スルーされる女性の方が多いでしょう。

そもそも、ファーストメールというのはたくさんの女性に送る必要がありますが、一通一通すべてにこれだけの時間をかけていたらどれだけ時間が合っても足りません。

ファーストメールの文章は短くても長くてもだめで、シンプルに複雑にならないように、言いたいことを簡潔にまとめることが大切です。

■出会い系サイトのメールテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのテクニックには以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

どれも言われてみれば当たり前のことを書いていますが、その当たり前のことをごく自然に実践できる人が出会いの確立をあげることができます。

なので、当サイトの記事を使って、ライバルたちを出し抜いて出会いまくっちゃいましょう。

●丁寧な言葉遣いをする

丁寧な文章と言っても、ものすごく丁寧すぎるのもお客様と店員みたいな関係になってしまうのであまり丁寧になりすぎないようにしましょう。

今のこの記事内容くらいの丁寧な口調でかまいません。

もちろんですが、お互いの仲がよくなってきて、徐々にため口なども取り入れていけばさらに仲良くなれると思いますが、最初は謙譲語や丁寧語を使うようにしましょう。

社会常識的な礼儀すらままならないような人は、バカだと思われてしまうので、印象が悪くなってしまいます。

なので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、お互いに丁寧語を使うことにより、尊敬してもらいやすくなるでしょう。

●コピペはしない

ファーストメールからやってはいけないことは、コピペメールを送ることです。

すべての人に当てはまるような文章を書いても、個人に響くような文章になってないので、返信されずそもそも意味がありません。

機械的な文章は中身がないので、コピペメールだと言うことが何となくわかってしまいます。

少しでも機械的な文章で中身がないと思われたらその女性から返信が来る可能性は低いでしょう。

せっかくメールの文章を打ち込むのならきちんと相手の心に響いて返事がもらえるようなメールを送りましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで自分に対して親近感を感じてもらえるようになります。最初の3通くらいは相手の名前を出して距離を縮めるようにしましょう。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●質問をする

出会い系サイトに限った話ではありませんが、相手に気持ちよく話してもらうにはこちらからうまく質問をする必要があります。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

次のような質問はあまりよくない質問例です。○○さんはイタリアンが好きですか?

男性側の思惑で言えば、パスタが好きです。とかえってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを想像していると思います。

この会話は、機械的で感情があまりはいらないので、あまり面白い内容ではないですよね。

女性からしたら、このパターンはやり尽くした感があって、またこのパターンか、と思われてしまってつまらない男だと思われてしまいがちです。

いい質問文というのは自分の体験談を織り交ぜながら相手に質問をすることにより、イメージがわきやすいので、相手も興味をもってくれるのです。

●送信時間を一定にする

二通目以降のメールはメールの文字数や送信間隔は相手の様子を見ながら合わせていくと、共感をもってもらいやすく、好意を抱いてもらいやすいです。

例えば、相手が2,3行のメールだったら、自分も2,3行くらいのメールの文章量で返信することがテクニックです。

他には相手のメールの返信ペースが速いならこちらも早めに返して、相手が遅いならこちらも少し時間をおいて返信することにより、相手に気を遣ってもらっているという印象を持ってもらって、好かれやすくなります。

ですが、デメリットとして相手に合わせすぎるとわざと感がでてしまうので、注意が必要です。

●楽しい雰囲気の時にやりとりを中断する

お互いのエネルギーがつきるまでメールをやりとりする人がいますが、これはあまりよろしいことではありません。

これはなぜかというと、楽しさのピークがすぎてしまったので、次のメールにつながりにくいからです。

最初はすごく楽しかったけどなんか飽きてきちゃったと思われてしまったら、次のメールにつながりにくくなってしまいます。

マンネリ化を避けるためには、お互いが楽しいと感じているときにあえてメールを途切れるようにしましょう。

明日仕事で朝早いからとかもっともな理由を付けておけば、簡単にメールを中断することができます。

●サイト内でのやりとりから直接やりとりに切り替える

出会い系サイト内でのメールはあまり掘り下げないで、個人的なアドレスでやりとりすることにより節約になります。

男性がやりとりに対して料金を負担していることを女性も知っているので、個人的なメールアドレスに移行することを了承してくれやすいと思います。

なので、この人とだったら仲を深めてもいいと思ってくれたら、直アドの交換もしてくれるでしょう。

5通10通とやりとりを重ねていても、プライベートなアドレスに移そうといわないということは、女性からしたらあまり自分のことをすいてくれていないという判断をされてしまうでしょう。

女性からしたら、出会い系サイトを使うときには常に不安がつきまとっていると思います。どういう男性か対面して話すことができないわけですから。

徐々に仲良くなれたら合ってもいいけど、すぐに会おうとしてくる男性はあまり好印象じゃないというのが実情でS。

なので、焦らずに少しずつ女性との距離感を縮めていくことが大切です。

上記のことを踏まえて女性とのやりとりをするだけでかなり女性にいい印象を抱いてもらえるでしょう。

しかし、そこから返信率の高い女性だけに絞ることができれば、男性が送ったメールの返信率は高くなるでしょう。

●主婦

女子大生と主婦はいろいろな理由でメールの返信率が高いのですが、以下のような理由によります。

女子大生は好奇心がたかいので、何でも経験してみようと思って返信率がたかいという結果に結びついています。

また、若い人は嫌な人間だと思われることを極端に嫌う傾向があるので、いい人間でいようとするため返信率が高いのです。

さらに主婦ですが、女性というのはいくつになっても男性からの視線をもらいたいと思っています。

ですが、結婚して家庭に入ってしまうと女性としてちやほやされるどころか女性としてみられる機会も少なくなってしまうので、男性に異性として意識してもらうだけで飛び上がるほど嬉しいのです。

そもそも既婚者で旦那もいる主婦という存在が出会い系サイトに登録して利用している時点で異性をもとめているということなので、狙い目であるというのはすぐにわかります。

●夜遅くにログインしている女性

朝起きて夜に寝るという普通の生活の中で21時以降というのは非常にプライベートな時間帯だといえるでしょう。

好きなテレビや録画しておいた映画を見る人もいれば、ゲームをしたり、自分の趣味の時間に費やす時間帯です。

そんな完全にプライベートな時間を使える時間帯に出会い系サイトにログインしている女性ってどういう女性だと思いますか。

もちろん人それぞれの趣味嗜好はありますが、共通点としては真剣に出会いを探している女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣な出会いを探し求めている女性に、しっかりとした文面のメールを送れば高い確率で返信してくれると思いませんか。

また人間としての習性として、夜に行う行為は本能的な行動になりやすいという研究もあります。

昼の時間帯だったら、ブレーキがかかるところを、夜の行動であれば、本能的に行動してしまいやすいという特徴があります。

以上のような理由から夜21時以降は、まさに男女のゴールデンタイムといっても過言ではないでしょう。

●共通点を探す

似ている業種で働いている、出身地が同じか近い、同じ地域に住んでいたなど、とにかくあなたと女性との間に共通点があるときは返信率が高くなります。

そこに住んでいた人にしかわからないようなcmなどの話は特に盛り上がりやすいですので、そういった地域の話をして盛り上がりましょう。

そしてそれは出会い系のメッセージのやりとりでも効果的なテクニックなので、あなたと相手の女性との間に共通点を見つけたらチャンスです。

●メールテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、リアルの私生活でも自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらいいと思いませんか。

ですが、もしそれが簡単なテクニックで誰にでも実現できるとしたら、あなたはそのテクニックをすぐにマスターできると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツは、相手の会話のすべてに返しのパターンを準備しておくことです。

例えば、相手とある程度仲良くなって、相手の本名を聞いたときにまだ打ち解けていなくて教えてくれないときと、すぐに教えてくれるときとがあります。

このとき、教えてくれない女性に対して、起こったりテンパったりしてしまっては、相手の女性から信用してもらえません。

しかし、相手がどういう返信をしてきたとしても、思いつく限りのパターンをあらかじめ想定しておくことにより、余裕を持った返しをすることができます。

そうすることにより、相手からどんな内容が返信されてきたとしても、もう返事の形を用意しているのですから、自分がもっていきたいポイントまでもっていって、会話の流れを導くことができます。

実はこのテクニックはビジネスなどでは頻繁に利用されているもので、営業マンなんかはマスターしています。

●相手を思う純粋な気持ちが重要

以上のような内容はどうでしたでしょうか。出会いのいろいろなテクニックを身につけることができたと思います

ですが、出会い系で返信がもらいやすいノウハウというのは、テクニックではなく純粋に「あなたのことが好き」という情熱だと思います。

なぜかというと、女性とのやりとりというのは、型にはめてパターン化してどうにかしようとしてうまくいくものではないからです。

自分でもよくわからないのですが、相手と仲良くなりたいという思いがあれば、自然と相手に伝わって、うまくいくようになります。

ある程度仲良くなって、直アドでやりとりをするような段階になると、ある程度相手の女性をゲットしたというような気持ちが出てきて、ついつい横柄な胎動になりがちですが、最後まで態度に気をつけましょう。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率が高くなる文章というのは存在しますが、理屈にばかりこだわらずに、人間的な部分を大切にしましょう。

何度も言いますが、出会い系でのやりとりのコツはこの人と仲良くなりたいという人間的な部分です。

だからこそ出会ったときに楽しいひとときを過ごせると思いますし、幸せなカップルになれると思います。